2012年02月15日

攪拌革命。新しい形のミキサー

ミキサーなんて昔からずっとあるものにもまだ改良の余地があるとは思わなかった。
それが、通常の羽のものではない、球状のミキサーである。
http://www.eddyplus.co.jp/

球状でどうやって混ざるのかと思うかもしれないが、底と横に開けられた穴に秘密がある。
先が回転することで、遠心力により中の水がはじき出される。
と同時に、底から吸い込む力が発生する。
吸い込みながら吐き出すことで、水が効率良く混ざる仕組みだ。

今までのミキサーでは泡立ってしまった洗剤や、砂の水なのどの異物同士の攪拌も可能だという。
また、羽のミキサーでは、羽の上部にできる真空部分によってバチャバチャと跳ねる現象もこのミキサーでは起こらない。
そして非常に省電力だという。

こういう発明はスゴイ。
身近なものにも疑問を持つような柔軟な頭を持っていたいものだ。



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ


posted by topolino at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。