2012年03月01日

的中率70%以上!?ULF電磁放射・電離層擾乱・GPS衛星電波の解析に基づく地震予測

ハイ、タイトルからして何言ってるかさっぱり分かりません。


最近の研究で、地震の前には地球の高空を覆っている電離層に変化が生じるだという。
その変化とは、地震が起こるであろう地域の電離層が下がるのだそうだ。


普段ある地点と地点で電離層と地上を反射する形で電磁波を放出、受信し、その時間を計測している。
そして、電離層が下がると電磁波の到達する時間が短縮されるというのだ。
地震が起こる前の地殻変動によって起こるのだろうという推測だが、まだ原因は分かっていないという。


でもそういう事象が確認できるのであれば大いに活用すべきだと思う。
国もどんどん支援すべきだと思うのだが。


このサービスを行なっているのはその名も地震解析ラボという。
現在有料にて地震予知のサービスを行なっている。
将来的には無料にしたいという。
http://earthquakenet.com/index.html


早く地震予知が可能になって欲しい。

【送料無料】地震は予...

【送料無料】地震は予...
価格:1,365円(税込、送料別)




↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ


posted by topolino at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー/科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。