2012年03月10日

東京大空襲より67年

明日で東日本大震災から1年となる。
その影に埋もれがちだが、3月10日は東京大空襲があった日である。


私は空襲を経験したことはない。
祖母も東京にはいなかったので東京大空襲は経験してはいいないものの、戦闘機が来たら竹やぶに隠れた等、当時の話を聞かされた。


東日本大震災による、原発事故も東京大空襲も、人が引き起こしたということについてはどちらも人災だ。
戦争が終わり、便利にしたいと原発を作った結果がこれだ。
人間はどこへ向かおうとしているのか、最近つとに考える。
たぶん、どこへ向かいたいのかは分かっているのだ。
だけれどその方法が分からない。


先日のにほん風景遺産では薩摩半島の開聞岳を周遊する旅を紹介していた。
http://www.bs-asahi.co.jp/fukeiisan/prg_047.html

この地、知覧には特攻隊の基地があった。
特攻隊員の残した句がある。
「帰るなき機をあやつりて征きしはや 開聞よ母よ さらばさらばと」
涙が出た。


震災も戦争も原発ももうたくさんだ。


↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ


posted by topolino at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。