2012年04月16日

鉄コーティング種籾は日本のコメ作りの救世主たり得るか

先に中国産米の売れ行きが好評で、このままだと日本のコメ作りが危ういのでは、ということを書いた。
http://yukyu.seesaa.net/article/264498868.html


しかし、日本のコメ作りだって負けちゃあいない。
新しい技術によってコスト削減をはかり、競争力を高めようと努力している。


●種籾の鉄コーティング技術

種籾を鉄コーティングすることで、田んぼに直接撒くことが可能になるという。
それにより、ハウスで苗を育てる手間とコスト(暖房等の光熱費)が可能となる。
ともすれば農薬等に頼りがちだが、コメ作りの根底から変えるような画期的技術だと思う。


ちなみに、なぜ種籾を鉄でコーティングするかというと、比重が重くなることで浮き苗になりにくいことと、スズメ等の食害を防ぐ為だという。
うーん、素晴らしい!
http://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/network/h20-fukyuu/tetsucoating.html


個人的に興味があるのは不耕起栽培なので、それと合わせるとスゴイ効果がでるかもしれないと期待している。

【送料無料】究極...

【送料無料】究極...
価格:1,575円(税込、送料別)



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ


posted by topolino at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。