2012年04月22日

節電でまさかの水出しコーヒーブームが!?

夏の電力不足が叫ばれる中、喫茶店では水出しコーヒーが人気だそうだ。


●水出しコーヒーとアイスコーヒーの違い

水出しコーヒーとアイスコーヒーは何が違うかというと、アイスコーヒーは一度熱湯で入れたものを冷やしたものだが、水出しコーヒーは熱湯は使わずに水で入れたもの。
水出しコーヒーは淹れるのに時間がかかるものの、苦味や雑味などが少なく、スッキリとした味わいに入るという(自分では適当に淹れたものしか飲んだことないので・・・)。


アイスコーヒーを淹れるにはお湯を沸かしたり、コーヒーメーカーでは電気を食って熱を出す。
それが嫌われてそれらが不要な水出しコーヒーがウケているとのこと。


美味しいからではなく、節電目的で流行ろうとは、「風が吹けば桶屋が儲かる」は未だ健在のようだ。


一度こういう本格的なもので淹れたものを飲んでみたい。



こういう簡易的なものもある。



↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ


posted by topolino at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。