2012年06月03日

田舎はかくありき

先日、実家に帰ってきた妹が、母親の部屋で何かが飛んでいると自分が飛んできた。
こんな面白いことに子供を連れていかぬ手はあるまいと、妹の子供を連れて遅れて到着すると、母親と妹がワーワーキャーキャー騒いでいる。
自分が到着すると部屋の外にいた。


たまーにいるデッカイ蛾か何かだろうと思いつつ、虫取り用の電撃ラケットを持って中に入ると本当に何か黒いものが飛んでいる。
自分の周りをグルグル飛んでいるが速すぎて目で追い切れない。
明らかに蛾とは違う飛び方だ。
でもなんだか分からない。


こういう速いものは点ではなく線で捉える。
修行を思い出しつつ一閃。
バチッという音とともに部屋の隅へ黒い何かが吹っ飛んだ。


部屋の隅に吹っ飛んだものを見ても最初何か分からなかった。
蛾ではない。
それは小さなコウモリだった。


田舎だ田舎だとは思っていたが、まさか部屋でコウモリを撃ち落とす日がこようとは思わなかった。
きっと超音波を出しながら高速飛行をしていたのだろう。
ディッシュに包んでコウモリを取り上げると体温が伝わってきた。


てか、コウモリも落とせる電撃ラケットってスゲー。



こうなった原因は猫のピーちゃんだ。
勝手に戸を開けて出入りするがもちろん閉めてはいかない。
閉めろよ。
IMG_5254.jpg

↓ このブログたちがあなたの一助となりますように。

学問・科学 ブログランキングへ
【関連する記事】
posted by topolino at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。