2012年11月19日

死を考えることは生について考えることに他ならない

会社の先輩が亡くなった件についてこちらに書いた。
http://takanobu.me/?p=1842
否応無しに、死について考えることになった。


●地獄や天国などの死後の世界はあるか

今、地獄がブームであるという。
親が子供のしつけに使うのだとか。
悪いことをすると地獄に落ちるよ、というわけだ。
こんな本を見せながらやるそうだ。

【送料無料】絵本 地獄 [ 白仁成昭 ]

【送料無料】絵本 地獄 [ 白仁成昭 ]
価格:1,575円(税込、送料別)




子供が悪いことを止めるのは死後の恐怖の為である。
悪いことをするなと抑制をかけるだけであり、進んで良いことするということではない。


個人的には死後の世界というものはあると思っている。
人は死ぬときに21グラム軽くなるという(本当かどうか知らないけども)。
こんな映画もあるくらいだ。

21グラム(Blu−ray Disc)

21グラム(Blu−ray Disc)
価格:2,283円(税込、送料別)



それが何に起因するものなのか。
魂や霊魂と呼ばれるものは本当にあるのか。
人類はいずれ解き明かす時が来るだろう。


神が自分達に似せて人間を作ったのであれば、それが解けない理由は無いからだ。
人智を超えたものはたくさんあるが、まだそれは人智が追いついていないだけである。
追いついた時に必要とされるのが倫理であって、その話はまた別に譲る。


●生と死は表裏一体

生があるから死があり、死があるから生がある。
それは逃れることのできない宿命だ。
死について考えることは生について考えることに他ならない。
死に方を考えることを生き方を考えることである。
分かることは死ぬ瞬間までであり、その後のこと(死後の世界)について考えたって仕方がない。
後は残された者の心配をすることくらいだろう。


花は散るから美しいのではない。
精一杯咲くから美しいのである。
美しく咲くから、散り際も美しいのだ。


良い死を迎えたいのであれば、良く生きるしかない。
至極単純なことである。
だから難しいのだけれども。



posted by topolino at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。