2012年12月06日

選挙のどさくさでどうなった?復興予算の再仕分け

解散するのしないので揉めていたことで、復興予算の再仕分けの件をすっかり忘れていた。
私の知るかぎりマスコミ各社も、復興予算の使途が不適切だとあれだけ騒いだくせに、再仕分けのについてはほとんど取り上げていない。
諦めちゃってるんだろうか・・・。


先月16日に行われてた復興関連予算との関連性が薄いと仕分け対象にされたのは17事業。
うち5事業の復興予算の使用が却下された。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2012111702100004.html


私が以前復興予算について書いた9月の時点での、疑わしい事業が分かっただけでも205件。
仕分け対象となったのが17件、うち絞りこまれて5件って・・・。
これじゃあ意味ないだろって、何でマスコミ各社はやらない。
復興とは関係無いところに予算が使われ、そのお金が増税で賄われる。
この構図はまったく変わらないじゃないか。


しかも衆議院の解散で実効性は薄いときている。
その上、被災地とは関係ないところに使えるように打診した自民党、公明党が政権を取ってしまったら、ますますやりたい放題になってしまうだろう。


野田首相は、復興予算は真に必要なところに使うと言った。
しかし、思うに「真に必要」という言葉は存在しない。
真に必要ではないということは必要じゃないってことだ。


一刻も早い被災地の復興を願わずにはいられない。



↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ


posted by topolino at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。