2013年01月17日

世界初、ダイオウイカの撮影に成功!この世はセンス・オブ・ワンダー!

先日NHKで放送された、ダイオウイカの映像はワクワクした。
なにげに音が5.1チャンネルだったしwwww
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0113/index.html


未知のもの、特に巨大なものには心トキメクものがある。
ダイオウイカはクラーケンなどのモデルとされているが、昔の人も恐ろしいだけではなかったのではないだろうか。




ダイオウイカで一番大きなものは、現在確認されているものえで18mとされている。
どこかで聞いた話では、水生生物は生きている間はずっと大きくなり続けるのだとか。
もっと大きなものもきっとどこかに潜んでいるのだろう。
今回撮影されたものは3mほどとのことだったが、ぜひ18m級のものを見てみたいものだ。


視聴率も良かったそうだ(裏で放送されていたアバターを抜いたとか)。
やっぱりみんなこういうことにワクワクする気持ちは持ってるんですねえ。


●センス・オブ・ワンダー

化学物質による環境汚染に警鐘を鳴らした「沈黙の春」の著者、レイチェル・カーソンさんは、センス・オブ・ワンダーをいつまでも持ち続けろと言う。
センス・オブ・ワンダーとは、神秘や不思議さに目を見はる感性を言う。


テストをの点数を取るためだけを目的とした授業、お金を稼いでは消費する日々の生活で、その心は不要なものとして退化していく。
日々の生活には確かに支障は無いのかもしれない。
でも、そうなるとこの世は急激に光を失う。
面白くなくなる。
センス・オブ・ワンダーをいつまでも持ち続けたいものだ。


まあ、イカ面白かったよと言いたいだけなのだけれどwwww



↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ


posted by topolino at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー/科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。