2013年02月27日

原発新安全基準骨子案にパブコメ書いたった

現在、原発新安全基準骨子案についてのパブリックコメントを募集中である。
2月28日までなので出そうと思っている方はお急ぎを。
私も滑り込みだけれども。

http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu130206.html

それにしても、これでよくパブリック(公共の、社会の)なんて言えたものだ。
どう見たって公共に向けたものじゃないだろう。
読んで理解してもらおうという意志は皆無である。
そもそも理解してもらわない方があちらさんとしては都合が良いのだし・・・。


こちらにあるように、大方の駄目出しは頭の良い人がやってくれたであろうから、私が書いたものだけを記載する。
http://kiseikanshishimin.jimdo.com/2013/02/26/%E5%BF%85%E8%A6%8B-%E5%8E%9F%E7%99%BA%E6%96%B0%E5%AE%89%E5%85%A8%E5%9F%BA%E6%BA%96%E9%AA%A8%E5%AD%90%E6%A1%88-%E6%A6%82%E8%A6%81-%E3%81%AB%E8%B5%A4%E3%83%9A%E3%83%B3%E5%85%88%E7%94%9F/


●シビアアクシデント対策について

シビアアクシデントとは、冷却機能が失われた場合など、通常運転とはかけ離れた緊急事態をさす。
文章を読んでいくと、至るところに「手順書を作成する」とある。
これはもう、手順書を作成しただけで終わりにする気臭がプンプンする。


いかに手順書を作ったって、実際それができなければ机上の空論でしかない。
想定していたって、想定通りに動けなければ何の意味もない。
なので、実際作業を行う上での必要人員と実地での訓練日程(一ヶ月に一回等)を明記せよとした。


もちろんベントを実地で行うわけにはいかないが、ぶっつけ本番で緊急事態に平常な判断力をもって対処できるわけがない。
緊急事態に対処するには、それを想定して訓練を積んでいる場合のみだ(それでも想定外って起きるものなのだけれども)。


●地震・津波について

読んでみると、地震についての説明がうちゃうちゃしてある。
内陸地殻内地震、プレート間地震、海洋プレート内地震、敷地ごとに震源を想定するだのしないだの・・・。
正直そんな定義なんてどうでも良いのではないか?
内陸地震だろうがプレート型であろうが、結局はその全てに耐えなくてはならないのだ。
内陸地震ならOKということはならない。
全部に耐えねばNGである。


津波に関しては流入させるな等、ごく当たり前のことが書いてあるだけだ。


地震と津波に関しての議論は時期尚早だと思う。
なぜなら、福島第一原発の事故の原因不明が未だ十分になされていないからだ。
福島第一原発の事故は表向き津波による電源喪失だとされている。
しかし、津波の前から既に制御不能だったという話もある。

http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/252.html

そうなれば津波や活断層がどうこうという話ではなくなってくる。
やたらと活断層に固執するのも、海底での地震(海洋プレート内地震)でダメになる可能性を隠そうとしているのではないかとも思えてくる。


福島第一原発の事故原因を究明せずして、津波や地震の論議はすべきではない。
全てはそれからである。
これでは、再稼働ありきの新安全基準と思われても仕方がない!

↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ


posted by topolino at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。