2013年07月06日

福島の再生無くして日本の復活は無い、と言いつつ復興予算は流用。これほど白々しい言葉もないよなあwww

21日投開票の参院選に向け、街頭演説やSNSでの選挙活動に各人精を出している。
安倍首相は初っ端福島県で街頭演説を行い、「福島の再生無くして日本の復活は無い」と言い放った。
それはその通りだと思うが、実際に精を出しているのは福島の再生ではなく、復興資金の流用、公共事業へのバラマキである。


鹿児島県でのジャンボタニシの駆除、ウミガメの保護観察、ゆるキャラのPR等、また、浜岡原発を停めている中部電力への火力発電補助費というちょっと耳を疑うようなことにまでバンバン使われている。
そして、流用が見つかった2兆円のほとんどが返還が難しい状態にあるという。
http://digital.asahi.com/articles/TKY201307020740.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201307020740


また、国土強靭化と称した公共事業のバラマキにより、被災地以外での仕事が増えたことによって現地の人手が不足する事態になっている。
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201306270732.html


でもこれはある意味で仕方がない。
公共事業への投資によって景気を良くすることは、アベノミクスの根幹だからである。
その為には被災地の方には泣いていただこうということだ。
もちろんそんなこと言わないけれど。


結局安倍首相のやろうとしていることは、被災地の復興でもなく、日本の未来を見据えた事業でもなく、ただたんに目先の金を追う行為なのだと思う。
それに釣られることは、鼻先に人参をぶら下げられて延々と走る馬と何一つ変わらないではないか。
自民党案における憲法18条、身体の拘束及び苦役からの自由の変更など、かわいそうなお馬さんをたくさん生み出そうとしていることは明白である。
人間が進化してきて行き着いた先は馬だったなんて、笑えない冗談にも程がある・・・。
http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm





↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ


posted by topolino at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。