2013年09月09日

2020年の五輪は東京で開催。溶けた燃料取り出してる横でオリンピックやりますか!!

2020年のオリンピック及びパラリンピックの開催が東京に決まった。
正直他の都市になると思っていたのだけれど、まさか東京都はね。


私はこれで、原発、放射能の問題の隠蔽がさらに加速、悪質化すると見ている。
なぜなら安倍首相は、IOCの放射能や汚染水の問題は大丈夫か?という質問に対して「大丈夫」と答えているからだ。


「汚染水の影響は、福島第一原発の港湾内の〇・三平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」というが、じゃあこの地図は縮尺が間違っていて、0.3平方キロメートル圏内を示しているのだろうかwwww
http://matome.naver.jp/odai/2131829810240813801/2131829817740816203

それとも私が言っているのはあくまでタンクから漏れた汚染水のことだ、とか言い張るつもりだろうか。


福島第一原発事故について「状況はコントロールされている。東京にダメージを与えることは許さない」というが、東京も含めた関東各地で存在が確認されているホットスポットや、農産物から検出される放射性物質は問題ないというのだろうか。
それとも許さないと言っただけで、問題ないとは言っていない、とでも言い張るのだろうか。
http://matome.naver.jp/odai/2130802277862489201


オリンピックの東京での開催が、放射能の影響がないという前提なのであれば、2020年までに福島第一原発の収束がなされない場合、又は東京への影響が大となった場合はお流れになる可能性も否定できないのではないだろうか。
オリンピックの開催で嫌でも世界各地から今まで以上に日本は注目されることとなった。
もうごまかしはきかないだろう。
日本が取れる選択肢は、このまま騙し切るか、きちんと収束を図るかの二択しかなくなった。
世界相手に玉虫色は通じない。
崖っぷちですよ、日本は。


福島第一原発の廃炉へ向けた工程表によると、2020年は溶け落ちた核燃料を取り出している頃である。
http://www.jaero.or.jp/data/02topic/fukushima/status/kouteihyou.html

まあ、たぶんそんなにすんなり取り掛かれるとは思えないが、燃料を取り出している近場でオリンピック開催ってできるんですかねえ・・・。



↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ


posted by topolino at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。