2014年01月07日

午年だからというわけではなけれど、安倍首相にイソップ童話の馬とロバを聞かせたい。

だいぶ過ぎましたが、明けましておめでとうございます。
今年もゆるゆるとお願いいたします。


北風と太陽などで知られるイソップ童話(寓話)に、馬とロバというお話がある。
これがまさしく今の時代にピッタリだし、アベノミクスが進んでいけば早晩こうなるだろうということを揶揄していると思ったので紹介したい。


あるところに、馬とロバをかっている男の人がいました。
ある日のこと、男の人は2匹を連れて旅に出かけました。
とちゅうで、ロバは馬にいいました。
「あの、ぼくの荷物を少し持ってくれませんか? 重たくて、死にそうなんです」
「・・・・・・」
でも、馬はしんどいのがきらいで、聞こえないふりをしました。
ロバはもういちど、馬にたのみましたが、馬はまた聞こえないふりです。
すると、疲れ切ったロバはバタリとたおれて、そのまま死んでしまいました。
それを見た男の人は、ロバの荷物を馬の背中にのせました。
そればかりか、死んだロバの皮をはいで、その皮まで馬の背中にのせたのです。
「ああーぁ」
馬は、ためいきをつきました。
「おれは、バカだな。ちょっとの荷物を持つのを嫌がったために、友だちのロバくんは死んでしまうし、ロバくんの荷物だけでなく、ロバくんの皮までしょわされてしまったよ」


このお話から得られる教訓は、強いものが弱いものを手伝ってあげれば、どっちも助かったということである。
その上、助けなかったばかりに、弱いものの重荷まで背負うことになってしまうことになった。


こちらのサイトから転載させていただきました。
音声での読み上げもあります。
http://hukumusume.com/douwa/koe/aesop/03/01.htm


●人間は結局同じことを繰り返す

上に今の時代にピッタリと書いたものの、きっとこれは今に始まったことではなく、今も昔も同じことを続けてきたということだろう。
強いものはより強くある為に弱いものを搾取し、結果として共倒れとなる。
大昔から、しかもこんな簡単なお話で教えられているにも関わらずである。
人間って本当に救えねーなあと思うのは私だけだろうか。


ただし、逆に考えれば、強いものと弱いものの両者がうまくできる方法も示唆しているといえる。
ただ、それをやらないだけである・・・。

【送料無料】イソップ物語 [ アイソポス ]

【送料無料】イソップ物語 [ アイソポス ]
価格:1,365円(税込、送料込)



↓ このブログで知的好奇心を満たせ!!

学問・科学 ブログランキングへ

レビューポータル「MONO-PORTAL」


posted by topolino at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。