2014年03月06日

奨学金が返せず風俗へ!?

今、借りた奨学金が返せず、大学を卒業後に風俗へ流れる人が増えているという。
労働者の3人一人が非正規労働者といわれ、今後さらに増えていくと見られている。
親元にいればなんとかなるかもしれないが、一人暮らしでさらに400万円、500万円という借金を返済するのは困難だ。
そんな状況の彼女たちに、新卒者の名簿を手に入れた、風俗のスカウトマンが忍び寄る。
http://ozch.net/%E5%A5%A8%E5%AD%A6%E9%87%91%E3%81%8C%E8%BF%94%E3%81%9B%E3%81%AA%E3%81%84%E6%96%B0%E5%8D%92%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E7%94%9F/


こちらに返済シミュレーションができるサイトがある。
http://keisan.casio.jp/exec/user/1353139036


試しに貸与月額10万円?48ヶ月=480万円の借金を背負った場合でやってみると、返済回数240回(20年)で月々26,914円と、月々3万円近い額が持っていかれることになる。
衣食住でお金が出て行った後でこれは辛い。
正規で就職できたとしてもキツイ額だろう。


確かに返済計画を踏まえた上で借りろという意見もあると思うが、学生である以上アルバイトをメインにはできない。
親にも頼れないとなったら借りるしかないではないか。


●奨学金は貧富の差を埋めるものではない?

上記に返済計画を考慮した上で借りろと書いたが、実際は返済能力を加味した上で借りている例が多いようだ。
奨学金を借りている家庭の割合は、年収200万円〜400万円の家庭よりも、600万年〜800万円くらいの、ある程度収入のある家庭で増えているという。
http://benesse.jp/news/kyouiku/trend/20130228120030.html


これはあくまで有利子貸与のいわゆる第二種奨学金だが、ほとんどの人が大学に進学している現状であるから、成績優秀者への無利子貸与や給付だけは無理があるのは明らかである。
それこそ、小中高とせっせと塾通いできるような高所得者(多少偏見入ってます)に流れるのがオチとなろう。


大学を出れば就職できた時代はそれでよかったのかもしれない。
でも、今はそうはいかない。
よくて非正規、悪ければ就職すらできないこともあり得る時代だ。
貧困の連鎖はますます拡大していくこととなる。


自ら進んで行く趣味はないけれども私も男だ、大学出たてのフレッシュな子と遊べるとかなんとかというのは分からないでもない。
でも、借金があるから仕方がないとか、風俗を活用して性犯罪を防ぐとか、あまりにも男目線、強者からの目線で見る行為には嫌悪を覚える。
だからって具体的にどうすればいいのか私には分からないのだけども、こんなのやっぱり間違ってると思う。


金がない、ただそれだけのことなのに・・・。

↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ







posted by topolino at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。