2014年03月21日

日本で国民投票が行われるとき、果たして正常な判断ができる状況にあるだろうか・・・。

16日、 ウクライナ南部のクリミア自治共和国でロシアへの編入の是非を問う住民投票が実施され、賛成多数で承認された。
しかし、ロシアが軍事支配をしている中での国民投票であり、各国は難色を示している。
http://www.cnn.co.jp/world/35045293.html


●日本における国民投票

将来日本でやるかもといわれているのが憲法改正である。
普通に考えれば、国を縛るための憲法を国民に取り戻しているような錯覚をさせて実は人を縛ろうとしている自民党改正案に賛成する人なんているはずなかろうと思うのだけども、状況によってはそれがなされてしまうのではないかという懸念だ。
http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm#top


もちろん軍事支配なんてないだろうけども、憲法改正の暁にはと称してなんらかのご褒美を用意するのかもしれない。
鼻先に人参をぶら下げられると正常な判断ができなくなるのは、馬も人も一緒だ。
もしくは経済を人質とするか。
中国や韓国への反感を煽って敵とするか。


それに、選挙のときもそうだが、投票率自体が低い。
それが国民投票のときにだけどーんと上がることは考えにくい。
組織票をぶち込んでしまえばいいのだから、もともと公算は非常に高いのである。
だからこそ、ちょっとのひと押しが必要となる。


日本で国民投票がされるそのとき、果たして正しい判断ができる状況なのだろうか。

【送料無料】Q&A国民投票法案 [ 菅沼一王 ]

【送料無料】Q&A国民投票法案 [ 菅沼一王 ]
価格:1,050円(税5%込、送料込)



↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ


posted by topolino at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。