2015年05月13日

イルカショーのイルカの捕獲方法が残酷で世界動物園水族館協会の会員資格停止って話がよくわからない・・・。

日本動物園水族館協会(JAZA)が世界動物園水族館協会(WAZA)の会員資格を停止されるという。
イルカショーで使用するイルカが追い込み漁という方法で捕獲されており、残酷で手段を選ばない方法で自然界から動物の捕獲を禁じた同組織の方針に反するからだという。
http://www.asahi.com/articles/ASH5C4VWTH5CUTIL013.html

では、この残酷でなく手段を選んだ捕獲方法って一体なんだろうか?
これはちょっと思いつかない。
どういう方法にせよ、網か釣り竿で釣り上げるしかないだろうし、だったら追い込み漁は特段残酷な手法といえるのだろうか。


ウィキペディアによると、イルカ追い込み漁(イルカおいこみりょう、dolphin drive fishing, dolphin drive hunting)は、捕鯨の手法の一つで、クジラを対象とした、追い込み漁である。いわゆるイルカと呼ばれるような小型の歯クジラに対して主に使われ、ボートと魚網で大海に至る抜け道を塞ぎ、入り江や浜辺に追い込んで捕獲する、とある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB%E8%BF%BD%E3%81%84%E8%BE%BC%E3%81%BF%E6%BC%81


ウィキペディアにはなかったが、イルカのコミュニケーション機能であるエコーロケーションを、船からの大きな音によってパニックに陥らせて機能させないようにして云々というものもある。
http://irukaserapi.com/hogo/protect.html

上記のように追い込もうがやめようが、結果として網か何かで捕獲するのならばさして変わらないように思える。
むしろ、野生のイルカを捕まえて水族館で使うなというのであれば分からないでもない。
ただ、それをいうならば、世界の水族館のイルカはほとんど野生ではなく、繁殖によって増やしたものでなくてはならないし、最初からそのように勧告すればいい。


何年か前、和歌山県太地町のイルカの追い込み漁が、ザ・コーヴとうい映画で批判的に取り上げられた。
そういう背景も有り、イルカの追い込み漁を批判したいが為の措置として会員資格停止なんて話が出てきたのではないだろうか。
案外この辺から、イルカ漁の禁止、クジラ漁の禁止と発展していきかねないような気がする。
posted by topolino at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418887662

この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。