2015年08月06日

広島への原爆投下から70年。核軍縮にこそ歴史認識が必要だ。

今日、8月6日は広島に原爆が落とされた日だ。
昭和20年(1945年)から今年で70年になる。
二度とあの悲劇(もちろん私は直接は見ていないが、長崎の原爆資料館は行ったことがある。)を起こさないよう、世界が一丸となって核軍縮をすすめるべきである。
先日NHKのアンケートで、広島、長崎の原爆投下の日を知らない人が7割にのぼるというものがあった。
ちなみに私は、西暦で言えば分かったが、昭和何年かは分からなかった。
原爆投下より70年も経てば仕方がないのかもしれないが、それが核軍縮に逆行する流れを生むのであれば、やはりきちんと知っておかねばならないことではないだろうか。


というような前置きで読売新聞の社説も同じように核軍縮を唱えているが、中国が、被害者の立場を取ろうとしているとして日本を非難している例を上げ、核軍縮に歴史認識問題を絡めるなと言っている。


だが、原爆を投下した爆撃機、エノラ・ゲイと被爆者の遺品を一緒に展示しようとしたら「全米兵への侮辱」言われたり、原爆投下で戦争終結が早まり多数米兵の命が救われた等、それこそ正に歴史認識ではないだろうか。
被爆者の遺品や、原爆ドームなどの戦争遺構は、核兵器ってやっぱり使っちゃマズいよねって思わせる事が目的であり、まかり間違っても、核兵器スゲー超使えるじゃん、なんて思わせてはいけないのである。
それには原爆投下はマズかったという歴史認識が必要であり、戦争終結を早めるから場合によっては仕方がないなんて思わせてはいけないのである。
それには当然原爆投下に至る経緯を知ることが必要だ。


核兵器それ自体に罪はない。
SFチックだが、ロケットの推進力(実際研究はしていたようだ)や、地球に近づく小惑星の破壊もしくは軌道を逸らす等核兵器自体に使い道が無いでもない。
悪いのは、それを戦争に使う人間だ。


原爆投下だけを取り出して被害者面をしているだけでは何も解決しないのは明らかだ。
日本だってやることはやっているのだから、中国の非難は的を射ている(当然戦時中に日本にやられたことに対する遺恨も多分にあるだろうけども)。
きちんと自分たちにやったことを認めた上で、核兵器はヤバイ、戦争はもっとヤバイものだと伝えることが、唯一の被爆国である日本に課せられた使命ではないだろうか。
世界で唯一の被爆国日本が唯一のではなくなってしまう前に。
posted by topolino at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
td> td>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。