2015年06月14日

労働者派遣法改正案で喧々諤々やるよりも、同一労働同一賃金を進める方が先じゃね???

労働者派遣法が強行採決されようとしている。
労働者派遣法の改正案は、
これまでは、秘書や通訳といった「専門26業務」は期間の制限なく派遣に任せることができたが、それ以外の業務では派遣を活用できる期間は「3年」が上限だった。この規制を緩和し、すべての仕事で、3年ごとに派遣労働者を代えれば、自社の労働組合の意見を聞くことを条件に、派遣に仕事を任せ続けられるようになる。ただ、人材派遣会社には、同じ職場で3年働いた人の次の働き口を探すことを義務づける。人材派遣業者はすべて国の許可がないと営業できないようにし、悪質な業者は排除するよう制度を改める。

huffingtonpostより引用。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/29/temporary-staffing-law_n_4685023.html


これを強行採決するメリットとしては、もちろん企業として人件費を削減できるからである。
そうすると、この問題の本質は派遣労働のあり方よりも、非正規雇用社の賃金が正社員に比べて低いということであることが分かる。
本来議論すべきは派遣期間がどうこうよりも、同一労働同一賃金を進めることであり、それができれば正規非正規の差も小さくなる。
そうすれば、正規であることをエサにして社員を縛るブラック企業もなくなるだろうし、そんな会社はさっさと辞めればいいとなる。
派遣会社だってメリットがなくなるだろうから、自然淘汰されることとなる。
まあ、やらないだろうけども。


非正規雇用は正社員に比べて不安定という問題もあるが、それは企業による所が大きい。
どんな苦境でも、クビキリしない所は絶対にしないし、やるところはさっさとやる。
それは同一労働同一賃金が達成された後にやればいいのではないかと思う。


ただ、上記は理想であり、労働者派遣法の改正案が採決されれば、非正規雇用の固定化と正規労働者から非正規雇用への転用が進むと思われる。
ただし、人材不足の現在企業として人材を手放したくなければ、どうしても待遇を改善するしかなくなってくる。
一応大企業の景気がよくなっている昨今(自分のところは全くよくないが)、人材確保の為にどうしたって待遇をよくしなければ人は寄ってこない。
だから、すぐには正規→非正規への転用が進むとは考えにくい。
この法案の真価(主に悪い方だが)が発揮されるのは、消費税増税やオリンピック後の来たるべき不景気時であろう。
非正規雇用の拡大は人を調整弁として扱いやすい。
まさにリーマン・ショック時の再来である。


今は大企業でも潰れる時代である。
会社が潰れれば、正規も非正規も関係ない。
私には、ある程度自活できる道を探しておくことしか対策はないと思う。


国は大企業や金持ちのことしか考えていないことは明白だ。
どうせ不安定なら、いつ放り出されてもいいような準備をしておくのが賢いというものだ。
正規雇用でいきなり世間の荒波に放り出されるよりも、生き残る確率は高いと思うのだけども、いかがだろうか。
「強い者、頭の良い者が生き残るのでは ない。変化するものが生き残るのだ」とはダーウィンの言葉だが、それは企業だけでなく個人にこそ求められる時代なのではないだろうか。
posted by topolino at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

日本年金機構からの情報漏洩。漏れた途端にウイルスと化してパソコンをぶっ壊すとか、できないのかなあ・・・。

年金機構より個人情報が流出した。
流出件数は 件と大規模であり、マイナンバー制度開始を控えた現時点でも、個人情報保護の脆弱性を露呈する形となった。
ニュースの見出しはサイバー攻撃となっており、なんか高度なハッキングを受けたような印象を受けるが、実際はメールに添付されたファイルと開いたとのこと(いわゆる標的型メール)。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/060300268/


怪しいメールは開かない。
添付ファイルであれば尚更だが、それっぽい名前で、それっぽいファイル名が添付されても(なんとか会議の報告等)、差出人のメールアドレスがヤフー等のフリーメールだったり、添付ファイルの拡張子がexeだったりするものは絶対に開いてはいけない。
しかし、差出人も添付ファイルも違うものに偽装されている場合もあるので、例え気を付けていたとしても100%防げるわけではない。
この手の怪しい添付ファイル付きのメールは、ウイルスソフトやメールクライアントで普通弾かれるのではないかと思ったのだが、新種だったので弾かれなかったこのこと。
攻撃には、遠隔操作ウイルスの「EMDIVI(エムディヴィ)」が使われたと見られるとのこと。


今回の情報流出は、管理規定が守られていなかったり(パスワードの設定等)、なにか作業をした個人情報を外部のネットにつながるところに置き忘れていたり等確かに人的ミスはあったのだろう。
でも、情報のやり取りに専用回線を引くならまだしも、インターネットの回線を使用している以上、繋がっているパソコンのウイルス感染や、情報流出は必ず起こり得るのではないだろうか。
漏らさない対策も重要だが、漏れた後の対策も進め、仮に漏れても大丈夫くらいにしておかないといけないのではないだろうか。
特にマイナンバーなんてネットに繋がっててなんぼだから尚更である。


漏らさない対策として、個人情報を扱う端末や扱う人を制限して外のネットやUSB等の外部記録装置とは繋がらないようにする。
パスワードの管理(ワンタイムパスワード等)、怪しいメールは開かない(そもそも来ないようにする)、機能の制限、ソーシャルエンジニアリング対策がなどが考えられる。


漏れた後の対策としては、感染したパソコンは自動でネットから切り離される。
ファイルの暗号化(使わない時は常に暗号化されており、漏れても数列のみとなる)。
当該サーバー以外に移った場合、一定時間で消える。
自分の保管されている場所を外部に送信しまくる。
ファイル本体に似せた無意味なファイルを量産しまくって、本体を隠す&嫌がらせ。
HDDをぶっ壊すwww
半分は冗談にしても、手に入れられるメリットと釣り合わないほどのリスクがあるようにはできないのだろうか。
それでも暗号解読や消えないような処置をされれば効果はないので、時間稼ぎにしかならないだろうけども。


人間のやることに100%はないし、そんないい加減な人間を最後の砦にすれば必ずやらかす(情報漏洩ではないけども、私もやらかしたことがある)。
今回の対策として、メールに注意しましょうなんて人の教育だけにとどまるようであればきっとまたやるだろう。
セキュリティの強化は利便性と相反する場合がほとんどなので、情報を扱う側と使う側、双方にとって良い落としどころが見つかることを願うばかりである。
具体的な対策ができるまでは導入をやめておくのも一つの手ではある。
一番やっちゃいけないのは、大丈夫だっぺで見切り発車してしまうことだ。


最後に、日本年金機構を名乗る者からの電話がかかってきており、あなたの情報が漏れたから消す必要があるなどいって家族構成を聞き出そうとするそうです。
日本年金機構から電話をすることはまずないので、その電話は十中八九振込詐欺などの不審電話です。
お気を付け下さい。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150602/k10010101061000.html

posted by topolino at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

大阪都構想の住民投票は反対多数も拮抗。やっぱり投票って行かなきゃダメね!!

昨日住民投票が行われ、反対多数で大阪都構想は現実のものとはならなかった。
地域差や世代差がハッキリと出る結果になったとか。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20150518-00045813/

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6526.html



スコットランドの独立の時にも感じたが、新しく変わる大阪を見てみたくもあったのだけども、それは無責任な門外漢の戯言でしかない。
当事者にしてみれば、やはり変わることに戸惑いもあろうし勇気も要るだろう。
変わるなんて口でいうほど楽でも簡単でもない。
大阪市長の橋下さんは、任期を勤め上げて政治家は辞めるという(弁護士をやるとかなんとか)。
これにて大阪都構想は一応の幕引きとなる。


それにしても、賛成と反対が非常に拮抗した戦いとなった。
ここから得られる教訓は、自分が選挙に行っても行かなくても何も変わらない、というのはウソであるということだと思う。
今回の投票率は66.83%とあり、もうちょっと賛成票が多ければひっくり返っていたことだろう。
せっかく持っている選挙権だ。
考えることすら止め、誰かに自分の行く末を丸投げすることほど愚かな行為はないだろう。
今後選挙もそうだが、改憲の国民投票もあるだろう。
ちゃんと考え(自分も人にいえるほど考えてるとは思わないが)、投票しなくてはいけないと思う。
posted by topolino at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

イルカショーのイルカの捕獲方法が残酷で世界動物園水族館協会の会員資格停止って話がよくわからない・・・。

日本動物園水族館協会(JAZA)が世界動物園水族館協会(WAZA)の会員資格を停止されるという。
イルカショーで使用するイルカが追い込み漁という方法で捕獲されており、残酷で手段を選ばない方法で自然界から動物の捕獲を禁じた同組織の方針に反するからだという。
http://www.asahi.com/articles/ASH5C4VWTH5CUTIL013.html

では、この残酷でなく手段を選んだ捕獲方法って一体なんだろうか?
これはちょっと思いつかない。
どういう方法にせよ、網か釣り竿で釣り上げるしかないだろうし、だったら追い込み漁は特段残酷な手法といえるのだろうか。


ウィキペディアによると、イルカ追い込み漁(イルカおいこみりょう、dolphin drive fishing, dolphin drive hunting)は、捕鯨の手法の一つで、クジラを対象とした、追い込み漁である。いわゆるイルカと呼ばれるような小型の歯クジラに対して主に使われ、ボートと魚網で大海に至る抜け道を塞ぎ、入り江や浜辺に追い込んで捕獲する、とある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB%E8%BF%BD%E3%81%84%E8%BE%BC%E3%81%BF%E6%BC%81


ウィキペディアにはなかったが、イルカのコミュニケーション機能であるエコーロケーションを、船からの大きな音によってパニックに陥らせて機能させないようにして云々というものもある。
http://irukaserapi.com/hogo/protect.html

上記のように追い込もうがやめようが、結果として網か何かで捕獲するのならばさして変わらないように思える。
むしろ、野生のイルカを捕まえて水族館で使うなというのであれば分からないでもない。
ただ、それをいうならば、世界の水族館のイルカはほとんど野生ではなく、繁殖によって増やしたものでなくてはならないし、最初からそのように勧告すればいい。


何年か前、和歌山県太地町のイルカの追い込み漁が、ザ・コーヴとうい映画で批判的に取り上げられた。
そういう背景も有り、イルカの追い込み漁を批判したいが為の措置として会員資格停止なんて話が出てきたのではないだろうか。
案外この辺から、イルカ漁の禁止、クジラ漁の禁止と発展していきかねないような気がする。
posted by topolino at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

自民党の憲法改正マンガ、「ほのぼの一家の憲法改正ってなあに?」がいろいろとヒドイwwwww

先自民党の出した、改憲について分かりやすく書いたというマンガがいろいろとヒドイ。
憲法は戦後アメリカに押し付けられたものだとか、憲法が変わらなければ敗戦国のままだとか、現代にはそぐわないもので時代遅れであるとか、あくまで改憲ありきの視点で進む。
マンガはコチラにて入手かのう。
ほのぼの一家の憲法改正ってなあに?(PDF)




確かに改憲はその時代時代で必要に応じてされるべきものだと私は思う。
だが、それは内容次第であり、権力を施行する側を助長するような方向への改憲は絶対にしてはならない。
マンガでは、憲法は国の在り方であると説く。
確かにそれは間違ってはいないが、憲法の目的、一番効力を発揮するのは、権力を縛ることにおいてである。
自民党の改憲案を見ると、明らかに権力の及ぶ範囲を拡大したいように読める。
現行憲法と自民党改正案との比較。





憲法改正というと憲法第九条が真っ先に挙がるが、それを視野に入れつつも、本当の狙いは人権の及ぶ範囲を縮小することではないだろうか。
恐らくそれは間違いではないのだろう。
マンガには、憲法は権力を縛る為にあるなんてことは一切書かれていない。




●徴兵について
現状、徴兵は憲法が定めるところによる、本人の望まない苦役に該当すると解釈されているためにその制度は無い。
今後憲法が改正されて徴兵制度が復活しても、兵役に召されることはないという考えがある。
曰く、昔ならばいざ知らず、現代の兵役は情報処理や銃火器の取り扱いについても高度な知識が要求されるため、素人を徴兵したところで足手まといになるからという。
確かにその通りだと思う。
だが、戦闘に参加するだけが戦争ではなく、膨大な裏方の作業がある。
戦時中は学校が軍需工場となり、皆が働かされた。
人手なんか猫の手も借りたいほどに必要となろう。
果たしてそれらを含めての徴兵や、それに準じた強制労働もないと言い切れるだろうか。




●国民投票を18才からにする狙い
私は、国民投票を18才以上からにする目的について分からないでいた。
正直子供は(大人だってそうだけども)選挙や憲法に興味はないだろうから、せいぜい投票率を下げるくらいだと思っていた。
が、このマンガで合点がいった。
中高での憲法教育なんて、せいぜいテストの穴埋め問題対策の暗記くらいであり、まともな教育なんてやらない。
そんな状態でこういうマンガを見せられたらどう思うだろうか。
現代に合わない、アメリカに押し付けられたもの、なんて考えて賛成票を投じるのではないだろうか。
たぶんほとんどの人は改憲案なんてじっくりと読まないだろうから、あっという間に人権なんてあってないものになってしまうだろう。
強制労働が可能な国になってしまうだろう。
それは実に恐ろしいことである。




今回のマンガで唯一得られる教訓は、皆でもっと考えろということだけである。
改憲は2年後を目処にとしているが、果たしてその時の世界情勢はどうなっているだろうか。
ただ一つ言えるのは、その時の投票は、いつもの選挙のように誰に入れても変わらない(本当はけっこう変わるけども)ものではなく、自分たちの普段の生活の根幹から変わるものとなろう。
平和だの平穏だの日常だのを維持するのって、けっこう大変なことなのだと思う。


posted by topolino at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
td> td>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。