2014年04月26日

残業代ゼロが一般社員にまで広がれば、近いうちに日本はガタガタになるだう。

政府の産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)は、労働時間にかかわらず賃金が一定になる働き方を一般社員に広げることを検討している。
仕事の成果などで賃金が決まる一方、法律で定める労働時間より働いても「残業代ゼロ」になったり、長時間労働の温床になったりするおそれがある
http://www.asahi.com/articles/ASG4P5142G4PULFA00Y.html


しかし、そこには働き過ぎや過労死を防ぐ為の効果的な規制は盛り込まれない。
http://www.asahi.com/articles/ASG4S5JXPG4SULFA02D.html


対象となる一般社員は年収が1000万円以上であり、社員や労組との合意の上となっている。
しかし、年収の条件なんてそのうちズルズル下がってくるだろうし、合意の上と言っても、嫌なら給料下げたり解雇となれば従わざるを得ない。


一応の上限が設けられている現在でさえも働き過ぎで鬱になる人や過労死は後を絶たない。
それが合法になれば、それがさらに進むことになることは容易に想像ができる。
無茶なノルマを押し付け、残業を強要することになろう。


政府は、口ではブラック企業撲滅などと耳障りの良いことを言っていても、真にやりたいことは日本の企業のブラック化(低賃金の長時間労働)なのだろう。
賃金を払わずに従業員を奴隷が如くこき使えるのだ。
確かに短期的には業績は伸びるかもしれない。
しかし、その後に待っているのは鬱病などの医療費の増大と働き手の減少、少子化であろう。
競争力を上げる為にもっと働けとは、具体策は何ら示さずに「頑張れ」とか「しっかりしろ」とか激を飛ばす体育会系のどこぞの社長のようだ。
もちろんそれは何も効果は上げない。


確かに本来の仕事ということでは、働いて上げた成果を上げて初めて報酬が支払われるという形は正しい。
しかし、それは労働時間の規制と両輪であるべきだ。
クルマをきちんと走らせるには、アクセルもブレーキも両方機能していなければならない。
アクセルだけでは第一コーナーでコースアウトだ。


●日本の労働生産性はG7諸国で最低?

日本人の労働時間は他国に比べて長い。
平均値を見ればアメリカとほぼ同値ではあるが、サービス残業などの表に出てこない時間を合わせれば最長となるのではないだろうか。
そんなに働いている日本人だから、生産性はよほど高いのだろうと思いきや、G7諸国では最低となっている。
労働時間が長いが生産性は悪い。
これだけを見れば、日本人は長時間ダラダラ働いているだけだと見ることができる(生産性が悪いのはホワイトカラーで、ブルーカラーはトップとも聞いたことがある)。
なぜそんなことになるのだろうか。
http://www.j-cast.com/kaisha/2011/08/11104044.html?p=all


これは考えてみれば当然の話しだ。
朝早くから夜遅くまで働き、家に帰ってもちょっとだけ寝てまた出社。
疲れは取れずに頭はボーっとしている。
それで良い仕事なんてできるわけがないのだ。


仕事の能率を上げる方法は、しっかりと睡眠を取り、生活を楽しむことであるという。
これには私も同感だ。
睡眠は言わずもがな、生活を楽しむことでリフレッシュもできるし、ムダ知識(厳密にはムダではないが)も入れることができる。
それが新しい発想に結びつく。
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2014/04/post-708.html


仕事だけして、家と会社の往復だけではジリ貧になるだけだということだ。
だが、日本はそれとは真逆で、仕事だけしていろという方向に向かっている。
国のトップがそんなアホなことを言っているのだ。
日本の未来は暗い。



↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ
posted by topolino at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

今必要なのはSTAP細胞の有無であり、小保方さんへの個人攻撃ではない!

STAP細胞をめぐる動きがもはや泥沼の様相を呈してきた。
おかしいのは、関係した科学者のほとんどが、論文が怪しいとなった途端に手のひらを返して小保方さん批判に回っているところが。
オラ関係ねー、この部分に関わっただけで他は知らん、と。


STAP細胞に関するニュースはこちらに。
http://news.yahoo.co.jp/list/?t=stap_cells


おさらいしておくと、STAP(Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency)細胞は日本語では刺激惹起性多能性獲得細胞となり、外部からの刺激を与えることでいろいろなものへ変わることができる多様性を獲得させたものとなる。
STAP細胞が簡単にできるようになれば、事故や病気で失った臓器を自分の細胞から再生させることが可能になるのかもしれない。
臓器移植で一番の問題は適合するかしないかもそうだが、術後の免疫反応が問題となる。
移植した臓器を異物と判断して自らの身体が攻撃してしまうため、免疫を抑制する措置が必要となる。


STAP細胞は夢の技術であり、今確かめなければならないのはSTAP細胞の有無であり、小保方さんの論文や個人叩きではない。
このような動きになるのは、科学的な見地というよりは利権や名声の獲得を目的とした黒い思惑があるように思えてならない。
STAP細胞があることを確かめられれば、作り方を苦もせず手に入れることができる。
また、ないとなれば、ないことを確かめたのだからそれはそれで名声を得ることができる。


今確かめなければならないのはSTAP細胞の有無であり、個人攻撃なんてやっている暇はないはずだ。
STAP細胞を待ち望んでいる人はたくさんいるのだから。




↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ
posted by topolino at 10:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

日本で国民投票が行われるとき、果たして正常な判断ができる状況にあるだろうか・・・。

16日、 ウクライナ南部のクリミア自治共和国でロシアへの編入の是非を問う住民投票が実施され、賛成多数で承認された。
しかし、ロシアが軍事支配をしている中での国民投票であり、各国は難色を示している。
http://www.cnn.co.jp/world/35045293.html


●日本における国民投票

将来日本でやるかもといわれているのが憲法改正である。
普通に考えれば、国を縛るための憲法を国民に取り戻しているような錯覚をさせて実は人を縛ろうとしている自民党改正案に賛成する人なんているはずなかろうと思うのだけども、状況によってはそれがなされてしまうのではないかという懸念だ。
http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm#top


もちろん軍事支配なんてないだろうけども、憲法改正の暁にはと称してなんらかのご褒美を用意するのかもしれない。
鼻先に人参をぶら下げられると正常な判断ができなくなるのは、馬も人も一緒だ。
もしくは経済を人質とするか。
中国や韓国への反感を煽って敵とするか。


それに、選挙のときもそうだが、投票率自体が低い。
それが国民投票のときにだけどーんと上がることは考えにくい。
組織票をぶち込んでしまえばいいのだから、もともと公算は非常に高いのである。
だからこそ、ちょっとのひと押しが必要となる。


日本で国民投票がされるそのとき、果たして正しい判断ができる状況なのだろうか。

【送料無料】Q&A国民投票法案 [ 菅沼一王 ]

【送料無料】Q&A国民投票法案 [ 菅沼一王 ]
価格:1,050円(税5%込、送料込)



↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ
posted by topolino at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

震災から3年。利権と保身の為に平気でウソをつくところは全く変わらなかったな・・・

東日本大震災と福島第一原発の事故から3年が経った。
被災地の東北は未だ復興からは程遠い。
放射能の問題もそうだ。


この3年でよく分かったのは、人は金や立場のためならば平気でウソをつくということだ。
結果入ってくる情報は二極化する。
つまり、福島(福島だけに限らないけども)は大丈夫かダメかである。


被害を小さく見せたい立場の人は、安部首相の福島第一原発の汚染水はコントロールされているのように事故を矮小化しようとし、避難している人はもうダメだと発言する。
物事の一部を取り出せば確かにそうなる。


汚染水だって、一部だけを見れば確かにコントロールされているといえよう。
でも、全体を見ればおよそコントロールされているとはいい難い。
コントロールされているのであれば、なぜ意図しない箇所から漏れまくっているのか。


以前、福島第一原発の沖合の放射性物質の数値が問題ないことを取り上げて、これを見てもまだ不安だという人にはなんていったらいいか分からない、といっておられてた方がいた。
私はそれを受け、この数値だけを見て安全だといっちゃう人にはなんていったらいいか分からないといった。
なぜか。
そんなのはその数値が出た経緯を見れば明らかだ。
例えば、海へ放出する排水の放射性物質を計測した上で問題ないとし、その後に沖合の計測値で問題ないとなったならば安全だ。
しかし、意図せず漏れ、その結果の数値なのだから、そんなものは偶然である。
私が懸念した通り、その後に満水のタンクに汚染水を入れて溢れさせた事故があった。


●福島第一原発事故を受けて見なおした、新しい放射線副読本が完成

文部科学省は3月3日、新しい放射線副読本を公表した。
小学生用と中高生用の2種類あり、平成26年度から使用できるよう、希望する全国の学校に配布するという。
正しい知識を身につけ、風評被害を防ぐことが目的だとラジオでやっていた。
http://resemom.jp/article/2014/03/04/17394.html


放射線の基礎知識はともかくとして、「事故の説明や被害実態、除染作業の様子などを説明。被災地に対する風評被害や差別についても触れている。」はどうも胡散臭い。
福島は実際は大丈夫で、風評被害が問題だともっていきたいのではないか、そんなふうに取れなくもない。
実際国としてはそうしたいところであろう。
首相がコントロールできてるとかいっちゃってるのに、今更本当はダメでしたとはいえまい。


もちろん風評被害を防ぐ手立てとして、正しい知識を身につけるというのは正しい。
その上で他の言動(マスコミやもちろん国も)に惑わされず、個々できちんと判断すれば風評被害は防ぐことができる。


で、私の結論としては、風評と実被害の双方があるということだ。
食べ物であれば、放射性物質を計測し100ベクレル以下(ベクレルという単位は、放射性物質がどのくらい放射線を出しているかという数値であり、それを受けて人体がどうなるか分からない以上、1ベクレルも入れない方が望ましいと私は思うが)であれば問題ないとし、それ以上であればはじく。
上記の計測結果を受けての判断を曖昧にしようとする「食べて応援」はもってのほかである。
そういう意味でいえば、大丈夫な方の結果だけを取り上げて、福島は大丈夫、食べて応援しようというのもじゅうぶん風評被害だといえる。


●生涯被曝300ミリシーベルトで被害増!?

ジャーナリスト、石井孝明氏のツイッターに「チェルノブイリでは生涯被爆300mSv超増で被害増。今回そこまで日本ではゼロ」という発言があった。
https://twitter.com/ishiitakaaki/status/442234446494720000


見つけたのがこちらの記事なので、このことをいったのだろう。
http://agora-web.jp/archives/1585713.html
仮に年間20ミリシーベルトで居住可能とすると、15年でこの数値に達することになる。


自分でも調べてみたところ、100ミリシーベルトごとにガン化のリスクが0.5%ずつ上昇するというものしか出てこなかったが、一方で国立がん研究センターのものだという資料があった。
http://goku.s267.xrea.com/genpatsu/2013-11-04/


たぶんこれは最悪の数字であろう。
しかも放射線については個人差が大きいので低い線量の場合は一概にいえない場合がある。
というより、まだよく分からないというのが正確なところだと思う。
福島は問題ないという人は、一応過去の事例からみて問題ないんじゃね?といっているに過ぎず、科学的に安全が立証されているわけではないということだ。
そういう意味では、福島では現在進行形でその検証がなされているということになる。


私のスタンスとしては、注意せよである。
福島だけでなく関東にもホットスポットはある。
安全な箇所もあるが危険な箇所もある。
一概にはいえないということだ。
それは福島だろうが関東だろうが変わらない。


可能な限り早く復興はなされて欲しい。
でも、結局上の意向に沿っての復興は本当にいいことなのか疑問がある。


危険なものも安全といい、コントロールされていないものもコントロール下にあるという。
結局震災を受けて尚、日本のそういうところだけは変わらなかった。
その延長線上の復興で本当にいいのだろうか・・・。



↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ
posted by topolino at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

奨学金が返せず風俗へ!?

今、借りた奨学金が返せず、大学を卒業後に風俗へ流れる人が増えているという。
労働者の3人一人が非正規労働者といわれ、今後さらに増えていくと見られている。
親元にいればなんとかなるかもしれないが、一人暮らしでさらに400万円、500万円という借金を返済するのは困難だ。
そんな状況の彼女たちに、新卒者の名簿を手に入れた、風俗のスカウトマンが忍び寄る。
http://ozch.net/%E5%A5%A8%E5%AD%A6%E9%87%91%E3%81%8C%E8%BF%94%E3%81%9B%E3%81%AA%E3%81%84%E6%96%B0%E5%8D%92%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E7%94%9F/


こちらに返済シミュレーションができるサイトがある。
http://keisan.casio.jp/exec/user/1353139036


試しに貸与月額10万円?48ヶ月=480万円の借金を背負った場合でやってみると、返済回数240回(20年)で月々26,914円と、月々3万円近い額が持っていかれることになる。
衣食住でお金が出て行った後でこれは辛い。
正規で就職できたとしてもキツイ額だろう。


確かに返済計画を踏まえた上で借りろという意見もあると思うが、学生である以上アルバイトをメインにはできない。
親にも頼れないとなったら借りるしかないではないか。


●奨学金は貧富の差を埋めるものではない?

上記に返済計画を考慮した上で借りろと書いたが、実際は返済能力を加味した上で借りている例が多いようだ。
奨学金を借りている家庭の割合は、年収200万円〜400万円の家庭よりも、600万年〜800万円くらいの、ある程度収入のある家庭で増えているという。
http://benesse.jp/news/kyouiku/trend/20130228120030.html


これはあくまで有利子貸与のいわゆる第二種奨学金だが、ほとんどの人が大学に進学している現状であるから、成績優秀者への無利子貸与や給付だけは無理があるのは明らかである。
それこそ、小中高とせっせと塾通いできるような高所得者(多少偏見入ってます)に流れるのがオチとなろう。


大学を出れば就職できた時代はそれでよかったのかもしれない。
でも、今はそうはいかない。
よくて非正規、悪ければ就職すらできないこともあり得る時代だ。
貧困の連鎖はますます拡大していくこととなる。


自ら進んで行く趣味はないけれども私も男だ、大学出たてのフレッシュな子と遊べるとかなんとかというのは分からないでもない。
でも、借金があるから仕方がないとか、風俗を活用して性犯罪を防ぐとか、あまりにも男目線、強者からの目線で見る行為には嫌悪を覚える。
だからって具体的にどうすればいいのか私には分からないのだけども、こんなのやっぱり間違ってると思う。


金がない、ただそれだけのことなのに・・・。

↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ





posted by topolino at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
td> td>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。