2014年05月16日

銀河英雄伝説のヤン・ウェンリー語録が、まるで今の日本を見ているかのように的確すぎてワロタwwwww

断薬医師でご存知の方もおられるかもしれないが、内海 聡さんが自身のフェイスブックのウォールにヤン・ウェンリー語録(他の人のもあるけども、ほとんどがヤン・ウェンリーなので)。
https://www.facebook.com/omoshironews/posts/634847023256929

フェイスブックを見られない方もおられると思うので、以下コピペ。
ちょっと長いけども、お付き合いを。


恒久平和なんて人類の歴史上なかった。だから私はそんなもの望みはしない。だが何十年かの平和で豊かな時代は存在できた。吾々が次の世代に何か遺産を託さなくてはならないとするなら、やはり平和が一番だ。そして前の世代から手渡された平和を維持するのは、次の世代の責任だ。それぞれの世代が、後の世代への責任を忘れないでいれば、結果として長期間の平和が保てるだろう。忘れれば先人の資産は食いつぶされ、人類は一から再出発ということになる。(中略)要するに私の希望は、たかだかこの先何十年かの平和なんだ。だがそれでも、その十分ノ一の期間の戦乱に勝ること幾万倍だと思う。私の家に14歳の男の子がいるが、その子が戦場に引き出されるのを見たくない。 ・・・・・・ ヤン・ウェンリー
 

人間の社会には思想の潮流が二つあるんだ。生命以上の価値が存在する、という説と、生命に優るものはない、という説とだ。人は戦いを始めるとき前者を口実にし、戦いをやめるとき後者を理由にする。 ・・・・・・ ヤン・ウェンリー


ブラウンシュバイク公の病理は、無意識の、傷つきやすい自尊心だった。本人はそれと気づかないだろうが、自身をもっとも偉大で無謬の存在であると信じているため、他人に感謝することができず、自分と異なる考えの所有者を認めることもできないのだ。彼と異なる考えを持つ者は反逆者にしか見えず、忠告は誹謗としか聞こえない。(中略)当然ながら、このような気質を持つ者は、社会に多種の思想や多様な価値観が存在することも認めない。 ・・・・・・ ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ


政治の腐敗とは、政治家が賄賂をとることじゃない。それは個人の腐敗であるにすぎない。政治家が賄賂をとってもそれを批判することができない状態を、政治の腐敗というんだ。貴官たちは言論の統制を布告した、それだけでも、貴官たちが帝国の専制政治や同盟の現在の政治を非難する資格はなかったと思わないか ・・・・・・ヤン・ウェンリー


国家が細胞分裂して個人になるのではなく、主体的な意志を持った個人が集まって国家を構成するものである以上、どちらが主でどちらが従であるか、民主主義社会にとっては自明の理でしょう。 (中略) 人間は国家がなくても生きられますが、人間なくして国家は存立しえません。 ・・・・・・ ヤン・ウェンリー
 

忍耐と沈黙は、あらゆる状況において美徳となるものではない。耐えるべきでないことに耐え、言うべきことを言わずにいれば、相手は際限なく増長し、自己のエゴイズムがどんな場合でも通用する、と思いこむだろう。幼児と権力者を甘やかし、つけあがらせると、ろくな結果にならないのだ。人間の行為のなかで、何がもっとも卑劣で恥知らずか。それは、権力を持った人間、権力に媚びを売る人間が、安全な場所に隠れて戦争を賛美し、他人には愛国心や犠牲精神を強制して戦場へ送り出すことです。宇宙を平和にするためには、帝国と無益な戦いをつづけるより、まずその種の悪質な寄生虫を駆除することから始めるべきではありませんか。 ・・・・・・ ヤン・ウェンリー


自由惑星同盟という国家が消滅しても、人間は残る。「国民」ではなく、「人間」が、だ。国家が消滅して最も困るのは、国家に寄生する権力機構中枢の連中であり、彼らを喜ばせるために、「人間」が犠牲になる必要など、宇宙の涯(はて)までその理由を探しても見つかるはずがない。 ・・・・・・ ヤン・ウェンリー


絶対的な善と完全な悪が存在する、という考えは、おそらく人間の精神をかぎりなく荒廃させるだろう。自分が善であり、対立者が悪だとみなしたとき、そこには協調も思いやりも生まれない。自分を優越化し、相手を敗北させ支配しようとする欲望が正当化されるだけだ。どれほど非現実的な人間でも、本気で不老不死を信じたりはしないのに、こと国家となると、永遠にして不滅のものだと思いこんでいるあほうな奴らがけっこう多いのは不思議なことだと思わないか。 ・・・・・・ ヤン・ウェンリー
 

軍事が政治の不毛をおぎなうことはできない。それは歴史上の事実であり、政治の水準において劣悪な国家が最終的な軍事的成功をおさめた例はない。強大な征服者は、その前に必ず有為の政治家だった。政治は軍事上の失敗をつぐなうことができる。だが、その逆は真でありえない。軍事とは政治の一部分、しかも最も獰猛で最も非文明的で最も拙劣な一部分でしかないのだ。その事実を認めず、軍事力を万能の霊薬のように思いこむのは、無能な政治家と、傲慢な軍人と、彼らの精神的奴隷となった人々だけなのである。 ・・・・・・ ヤン・ウェンリー
 

フロイライン・マリーンドルフ、私は覇者たろうと志してきたし、それを実現するためにひとつの掟を自分自身に科してきた。つまり、自ら陣頭に立つことだ。かつて戦って倒してきた能なしの大貴族どもと私が異なる点はそこにある。兵士たちが私を支持する理由もだ。フロイライン、どうせ宇宙をこの手につかむなら、手袋ごしにではなく、素手によってでありたいと思うのだ。 ・・・・・・ ラインハルト・フォン・ローエングラム
 

愛国心が人間の精神や人類の歴史にとって至上の価値を有するとは、ヤンは思わない。同盟人に同盟人なりの愛国心があり、帝国人に帝国人なりの愛国心がある――結局、愛国心とは、ふりあおぐ旗のデザインがたがいに異なることを理由として、殺戮を正当化し、ときには強制する心情であり、多くは理性との共存が不可能である。とくに権力者がそれを個人の武器として使用するとき、その害毒の巨大さは想像を絶する。 ・・・・・・ ヤン・ウェンリー
 

「信念とは、あやまちや愚行を正当化するための化粧であるにすぎない。化粧が厚いほど、その下の顔はみにくい。」


「信念のために人を殺すのは、金銭のために人を殺すより下等なことである。なぜなら、金銭は万人に共通の価値を有するが、信念の価値は当人にしか通用しないからである。」 ・・・・・・ ヤン・ウェンリー
 

運命というならまだしもだが、宿命というのは、じつに嫌なことばだね。二重の意味で人間を侮辱している。ひとつには、状況を分析する思考を停止させ、もうひとつには、人間の自由意志を価値の低いものとみなしてしまう。宿命の対決なんてないんだよ、ユリアン、どんな状況のなかにあっても結局は当人が選択したことだ。 ・・・・・・ ヤン・ウェンリー


何かを憎悪することのできない人間に、何かを愛することができるはずがない。私はそう思うよ。 ・・・・・・ ヤン・ウェンリー


市民たちが政治に倦まなかったら。ただひとりの人間に、無制限の権力を与えることがいかに危険であるか、彼らが気づいていたら。市民の権利より国家の権威が優先されるような政治体制が、どれほど多くの人を不幸にするか、過去の歴史から学びえていたら。人類は、よりすくない犠牲と負担で、より中庸と調和をえた政治体制を、より早く実現しえたであろうに。「政治なんておれたちに関係ないよ」という一言は、それを発した者に対する権利剥奪の宣告である。政治は、それを蔑視した者に対して、かならず復讐するのだ。ごくわずかな想像力があれば、それがわかるはずなのに。 ・・・・・・ ユリアン・ミンツ

       

いかがだろうか。
集団的自衛権や愛国心など、まるで今の日本のことをいってるようではないだろうか。
もちろん内海さんがその部分だけを抜粋したのではあるが、実に見事としかいいようがない。


これを見て何を思うかは個人の自由だが、今の日本は確実にヤンの杞憂する方向へ向かっていると私は思う。
願わくば戦争にだけはならないで欲しいと思う。
ただだがこの先数十年の平和を願うものとして・・・。


余談だけども、銀河英雄伝説のアニメのリメイクが決まったとか。
さすがに今の御時世あんな贅沢な作りはできないと思うが、薄っぺらい内容にならないで欲しいと思う。









ダダダっと貼ったけども、話数が話数だけに素晴らしい額だwwww


原作をもう一回読みなおしてみたくなってきたなwwww



↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ

レビューポータル「MONO-PORTAL」
posted by topolino at 16:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

美味しんぼの、放射能で鼻血が出るは本当にデマか?

BmT9zZWCAAEuWZF.jpg

上の画像はビッグコミックスピリッツ」22・23合併号に掲載された美味しんぼの画像である。
掲載後、当然の事ながら風評被害を助長しているとして物議を醸している。
原作者の雁屋哲さんは、今後の話で、鼻血ごときで騒いでいる人は発狂するかもしれないと予告している。
http://news.livedoor.com/article/detail/8801046/


●放射能で鼻血は本当にデマか?

原発推進ジャーナリスト、石井孝明さんはそんなことはあり得ない、デマであると断言する。
https://twitter.com/ishiitakaaki

福島はそんな鼻血が出るほどの線量にはないというのがその根拠となっているようだが、私もそれは正しいと思う。
放射線により骨髄障害となり鼻血が出るほどのことは起きていないと思う。


では、放射線を浴びて鼻血が出るのはデマなのか。
このような説がある。
http://genjitsu.jp/archives/1163

鼻粘膜に付着した放射性物質が毛細血管の集まるキーゼルバッハ部位の血管に障害を起こし、結果鼻血が出るというものだ。
個人差はあるとのことだが(それ以前に、放射性物質を吸い込む量の個人差も大きいと思う)、これならば可能性もあるのではないか。


たぶん鼻血をデマだと決めつけている人は、そんなことはあり得ないと考えているのだろう。
だが、それを決めつけられるほど放射線についてはわかっていない(特に低線量の被曝について)。
上記のようなことを考慮せず、現状分かっていることだけで大丈夫だと決めつけること、それは安全神話に他ならない。


実際に起きていることには目を向けず、自分たちの不利益になるようなことはないと決めつけ、結果事故の原因すら究明もおざなりで原発が再稼働されていく。
それこそ福島に対しての風評被害(実害だが)に他ならないのではないだろうか。

【送料無料】美味しんぼ(110) [ 雁屋哲 ]

【送料無料】美味しんぼ(110) [ 雁屋哲 ]
価格:669円(税込、送料込)



↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ
posted by topolino at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | コミック/アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

日銀が進める2%のインフレ目標は、労働者を騙してこっそり給料を下げることが目的だった。

こども版をうたっている割に使っている言葉は難しいのだが、表現自体は平易なので非常にわかりやすかったのでこちらの記事を取り上げたい。
http://agora-web.jp/archives/1590867.html


日銀は今、デフレ克服の為に日夜金をばら撒いている。
デフレの克服とはつまりインフレのことであり、お金の価値を下げて相対的に物価をあげようという方策だ。
何の為にそんなことをやるかというと景気回復のためであり、多くのお金が回るようになれば達成できる目論見の元に行っている。
個人でいえば、もらえる給料が増えるとなる。
これが文中でいう名目賃金(物価変動を加味しない貨幣賃金)となる。


この名目賃金を増やそうと、安倍政権は給料上げろと発破をかけていたわけだ。
そりゃそうだ、物価だけ上がって給料が上がらないのでは目の当てようがない。
しかし、現実的には給料が上がったのは大企業のみであり、多くの人にとっては目の当てられない状況となっているのはいうまでもない。


しかしだ、名目賃金があがったとしても、物価が上がっているのだから実質的なお金の価値は下がっている。
これが実質賃金(物価変動を加味した賃金)だ。


今年4月、政府は3%の消費税の増税を行い8%とした。
消費税と日銀のインフレ政策によって、実質賃金は3.5%下がったといわれている。
つまり、多くの人にとって、それだけ給料が下がったことを意味する。
http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/economic/8989


じゃあ下がった分はどこに行くのか。
大企業の経営者である。
結果として労働者を安く使えるようになり、さらに潤うが、労働者は買い叩かれるのでいつまで経っても豊かにはなれない。
格差はさらに拡大していく。


残業代ゼロ案もそうだが、結局は労働者を安く使って金をかき集めたものが勝ちとなる。
かき集めた金は労働者に分配しないから、富める者はさらに富、貧しい者はさらに貧しくなっていく(物価が上がるから現状維持では済まない)。


今、安倍政権が行っているアベノミクスとは、とどのつまりそういうことだと肝に命じる必要があるだろう。
以前テレビで、アベノミクスの好景気を実感しているか待ちゆく人に聞いていたが、実感できるわけがない。
そもそもアベノミクスは一般の人たちを食い物にして、金持ちを助ける政策なのだから。




↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ
posted by topolino at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

残業代ゼロが一般社員にまで広がれば、近いうちに日本はガタガタになるだう。

政府の産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)は、労働時間にかかわらず賃金が一定になる働き方を一般社員に広げることを検討している。
仕事の成果などで賃金が決まる一方、法律で定める労働時間より働いても「残業代ゼロ」になったり、長時間労働の温床になったりするおそれがある
http://www.asahi.com/articles/ASG4P5142G4PULFA00Y.html


しかし、そこには働き過ぎや過労死を防ぐ為の効果的な規制は盛り込まれない。
http://www.asahi.com/articles/ASG4S5JXPG4SULFA02D.html


対象となる一般社員は年収が1000万円以上であり、社員や労組との合意の上となっている。
しかし、年収の条件なんてそのうちズルズル下がってくるだろうし、合意の上と言っても、嫌なら給料下げたり解雇となれば従わざるを得ない。


一応の上限が設けられている現在でさえも働き過ぎで鬱になる人や過労死は後を絶たない。
それが合法になれば、それがさらに進むことになることは容易に想像ができる。
無茶なノルマを押し付け、残業を強要することになろう。


政府は、口ではブラック企業撲滅などと耳障りの良いことを言っていても、真にやりたいことは日本の企業のブラック化(低賃金の長時間労働)なのだろう。
賃金を払わずに従業員を奴隷が如くこき使えるのだ。
確かに短期的には業績は伸びるかもしれない。
しかし、その後に待っているのは鬱病などの医療費の増大と働き手の減少、少子化であろう。
競争力を上げる為にもっと働けとは、具体策は何ら示さずに「頑張れ」とか「しっかりしろ」とか激を飛ばす体育会系のどこぞの社長のようだ。
もちろんそれは何も効果は上げない。


確かに本来の仕事ということでは、働いて上げた成果を上げて初めて報酬が支払われるという形は正しい。
しかし、それは労働時間の規制と両輪であるべきだ。
クルマをきちんと走らせるには、アクセルもブレーキも両方機能していなければならない。
アクセルだけでは第一コーナーでコースアウトだ。


●日本の労働生産性はG7諸国で最低?

日本人の労働時間は他国に比べて長い。
平均値を見ればアメリカとほぼ同値ではあるが、サービス残業などの表に出てこない時間を合わせれば最長となるのではないだろうか。
そんなに働いている日本人だから、生産性はよほど高いのだろうと思いきや、G7諸国では最低となっている。
労働時間が長いが生産性は悪い。
これだけを見れば、日本人は長時間ダラダラ働いているだけだと見ることができる(生産性が悪いのはホワイトカラーで、ブルーカラーはトップとも聞いたことがある)。
なぜそんなことになるのだろうか。
http://www.j-cast.com/kaisha/2011/08/11104044.html?p=all


これは考えてみれば当然の話しだ。
朝早くから夜遅くまで働き、家に帰ってもちょっとだけ寝てまた出社。
疲れは取れずに頭はボーっとしている。
それで良い仕事なんてできるわけがないのだ。


仕事の能率を上げる方法は、しっかりと睡眠を取り、生活を楽しむことであるという。
これには私も同感だ。
睡眠は言わずもがな、生活を楽しむことでリフレッシュもできるし、ムダ知識(厳密にはムダではないが)も入れることができる。
それが新しい発想に結びつく。
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2014/04/post-708.html


仕事だけして、家と会社の往復だけではジリ貧になるだけだということだ。
だが、日本はそれとは真逆で、仕事だけしていろという方向に向かっている。
国のトップがそんなアホなことを言っているのだ。
日本の未来は暗い。



↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ
posted by topolino at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

今必要なのはSTAP細胞の有無であり、小保方さんへの個人攻撃ではない!

STAP細胞をめぐる動きがもはや泥沼の様相を呈してきた。
おかしいのは、関係した科学者のほとんどが、論文が怪しいとなった途端に手のひらを返して小保方さん批判に回っているところが。
オラ関係ねー、この部分に関わっただけで他は知らん、と。


STAP細胞に関するニュースはこちらに。
http://news.yahoo.co.jp/list/?t=stap_cells


おさらいしておくと、STAP(Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency)細胞は日本語では刺激惹起性多能性獲得細胞となり、外部からの刺激を与えることでいろいろなものへ変わることができる多様性を獲得させたものとなる。
STAP細胞が簡単にできるようになれば、事故や病気で失った臓器を自分の細胞から再生させることが可能になるのかもしれない。
臓器移植で一番の問題は適合するかしないかもそうだが、術後の免疫反応が問題となる。
移植した臓器を異物と判断して自らの身体が攻撃してしまうため、免疫を抑制する措置が必要となる。


STAP細胞は夢の技術であり、今確かめなければならないのはSTAP細胞の有無であり、小保方さんの論文や個人叩きではない。
このような動きになるのは、科学的な見地というよりは利権や名声の獲得を目的とした黒い思惑があるように思えてならない。
STAP細胞があることを確かめられれば、作り方を苦もせず手に入れることができる。
また、ないとなれば、ないことを確かめたのだからそれはそれで名声を得ることができる。


今確かめなければならないのはSTAP細胞の有無であり、個人攻撃なんてやっている暇はないはずだ。
STAP細胞を待ち望んでいる人はたくさんいるのだから。




↓ このブログで知的好奇心を満そう!!

学問・科学 ブログランキングへ
posted by topolino at 10:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
td> td>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。